「未公開株だから上場すれば莫大な利益になる」というのは、詐欺の手口です。

初心者は必ずターゲットにされます。

未公開株についてお話ししましょう。

★未公開株が取引されることはない。

未公開株とは、証券取引所に上場していない、実際にはまだ取引されていない株のことを指します。

株式市場に公開されていない株の場合、公開が近くなれば当該する会社の事業報告書などで予告が出ます。

また証券会社のほうで公開に向けての準備(一般告知)に入ります。

実際に株の売買が行えるのは上場当日からです。

それよりも早く、「こんな会社が上場を予定している、必ず儲かる」というような誘いは嘘なので、手を出してはいけません。

★初心者が標的になりやすい未公開株。

初心者がこのような手口に引っかかってしまうことはよくあります。

株式市場の仕組みを知らないからです。

まず基礎をマスターしてください。

未公開株を売り込んでくるのは、詐欺かインサイダー取引でしかありません。

株の取引を行った人の個人情報が、何かのタイミングで外に漏れ、名簿屋に出回っています。

知識のない初心者はかっこうの餌食になります。

未公開株・新規上場株の情報を知り、実際に取引をしたいのなら、大手の証券会社に問い合わせましょう。

★初心者はとにかく大手の証券会社のみを情報の窓口とすべきです。

未公開株のようなおいしい話は、まずあり得ません。

回答者である私の元にも、初心者のうちは未公開株の話がよくありました。

その大半は電話セールスです。

たとえ信用のおける人からの話でも断りましょう。