株は元本保証ではないので、安全とか間違いのない方法などありません。

初心者であっても欲を出せば失敗します。

基本に忠実になりましょう。

★世界の政治経済に強くなれば流れが読める。

株式投資は、株式市場全体の流れを読むと同時に、その流れが自分が所有する銘柄株や業界にどう影響するかを読む仕事です。

またその動向を他の投資家よりも早く読んで売買するのが基本です。

株価に踊らされて後追いするのではなく、株の初心者であっても、つねに経済ニュースや流通関係のニュース、世界各国の政治の動向に注意を払うことが大事になります。

★株価で動向を判断できるようになるまでは。

デイトレーディングといって、株価の上下をおいかけて瞬間の株式売買で利益をあげている投資家がいますが、そのようなことができるまでにはかなりの取引実績・キャリアが必要になります。

基本に忠実になることで、たとえば新聞ネタでも、他人が気づかない小さな動向で株価の上昇を見抜けるようになります。

そういうことが頭の中に入っていれば、株価の上下動が何を意味しているのか理解できるようになり、株価だけでも売買の判断がつくようになります。

★基本的には株式投資には安全とか薄利でも間違い方法などはありません。

気を付けるとしたら、欲を出さないことです。

近年の株式売買は、短期の売買で利ざや稼ぎをする投資家が増えすぎています。

企業の成長を応援する意味では短期の利ざやではなく、中長期の投資を心がけましょう。

元本保証ではないので、安定株を長中期に保有することをおすすめします。

また、株取引をおこなってみたいがどうしても不安だ、という方は一度バーチャルの株式投資(トレダビ – K-Zone)試してみて、株取引がどのようなものなのか、ある程度体感できるようになってから実際の株取引に移行しても良いかもしれません。

実際の株式売買というのはどうしてもリスクが伴います。

リスク回避を考えるのは当然ですが、慎重になりすぎると株取引そのものに手が出せなくなります。

バーチャルの株式投資でどういうリスクがあって、それはどのように行うとどの程度のものになるのか、バーチャルであれば現実での損とはなりません。

こうしたツールで先に学んでおくのも一つの方法です。